忍者ブログ
  • 2017.08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/21 10:37 】 |
采女祭
今年の仲秋の名月は良いお天気に恵まれましたね。
kan2.jpg奈良、猿沢池で執り行われている「采女祭」もその一つ。

采女祭の概要

しかし、入水自殺をする采女が「私のような不幸な人間を作りたくない」から縁結びの神になる事にしたと説明があったんですけどね、誰がそう言ったんでしょう。死んだ采女だったんでしょうが、どなたが聞いたのでしょうかね~。

穿った考え方をすれば、単に天皇は恨みを恐れて社を建てただけなのではないかと・・・(苦笑)

いずれにせよ「縁結びの神」様なのだそうです。
今年は日曜と重なったせいだからいつもの年より見物客が多いと何度もアナウンスされていましたね。
危険ですから押さないで下さいと・・・。
そりゃそうです、止めて下さい。
池には柵などありませんので前で私のように2時間も前から陣取っている者も多い中、後ろでたたれている方に押されたら池ポチャです(涙)

「采女」とは役職であって個人名ではありません。
祀るくらいならば名前を明らかにして欲しかったのではないかしらね~。
この辺りに「哀れ」と言う言葉を感じない、「誰だっけ?まぁ、いいや」って雰囲気が漂っているんですよね~。

kan1.jpg

それにしても昨日は良いお天気でした。
新しく出来ていた興福寺の回廊跡にみんな乗っかって、夕涼み。
なかなかおつな夜でしたよ。
PR
【2008/09/15 14:15 】 | 他府県コラム | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<写経の作法 | ホーム | 有名な話だけど・・・。>>
有り難いご意見
こちらも・・・、
良いお天気で月がきれいだった・・・ようです(^^;;。私は全然見ていなかったもので(苦笑)。

 そうですね。まあ、日本は元来、一神教の国ではないので今となっては、本来はこうであったけど、今はどんな願いも聞き入れてくれる・・・、となっている所も多いのですが、ここまでというか、逆転?で、「縁結び」になっているのは珍しいかもしれませんね・・・。と言っても「泥棒神社」などもあるくらいですから・・・。でも2時間ですか。お疲れ様でした。ほんとこれはひとつ間違えれば、って言う危険なシチュエーションの場所って、けっこうありますよね(^^;;。月はでも、いいですねえ。
【2008/09/15 22:49】| URL | MU!! #529676d008 [ 編集 ]
Re:こちらも・・・、
多神教の所為というか、来る者は拒まずと言うか、どうやらこれは日本人の基礎的考えに当てはまるようで・・・・。
良いものだけを取り入れて、独自のものに変えて行く。
江戸時代、特に顕著だったようで、あの西国観音霊場巡りも伊勢参りも、イベント性に飛んでいて、本来の意味というのは二の次になって行ったようですね。
それがこういった逆転の発想を生むのでしょうか(苦笑)
そう言えば「曾根崎心中」で有名な「お初天神」
ここも縁結びの神なんだそうです(苦笑)

死んでますやん・・・と、突っ込んではダメなのだそうです(笑)
【2008/09/17 13:14】


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]